<< 2012年は新譜をたくさん聴きました。〜(2)〜 | main | My Heart/Doris Day >>

スポンサーサイト

  • 2016.04.03 Sunday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


That's Why God Made The Radio/The Beach Boys


いつものように何をいまさら、という間抜けなタイミングではありますが(笑)、前回の記事までで「去年聴いた新譜〜UK編」を書いたので「アメリカ編」にもケリを付けておこう、と。

ビーチ・ボーイズ・ファンの間でも様々な受け入れられ方をしたアルバムだと思うけれど、僕は個人的にビーチ・ボーイズのアルバムの中でも「L.A.(Light Album)」や「 Keepin' The Summer Alive」あたりが結構好きな割と奇特なタイプのビーチ・ボーイズ・マニアなので(笑)、先行シングル「That's Why God Made The Radio」が名曲「Goin' On」を思い起こさせる今回のアルバムもお気に入りに追加されました。

ブライアン・ウィルソンはこのアルバムの完成後に「次はロックン・ロール・アルバムを作りたい」と語ったそうだが、逆に言えばそういうタイプの作品とは真逆のアルバム、ということになる。特にアルバムがノスタルジックなイントロダクション「Think About The Days」に導かれて幕を開けてラストが「Summer's Gone」という曲で締めくくられるというコンセプチュアルな構成は、映画「アメリカン・グラフィティ」のエンドロールでビーチ・ボーイズの「All Summer Long」が流れてくる夏の終わりの切なさを思い出したりもして。明るく元気なビーチ・ボーイズが好きな人には、こういうのは湿っぽいと思えるのかもしれないけどね。

ひとつ不満があるとしたら、僕の大好きなブルース・ジョンストンがほとんど空気と化しているところ(笑)。20年前にリリースされた前作「Summer In Paradise」にはブルースのペンによる珠玉の名曲「Slow Summer Dancin'(One Summer Night)」が収録されていたが今回はブルースの曲は一曲もなし。ちなみにこの「Summer In Paradise」はクリスチャン・ラッセンの絵を思わせる醜悪なジャケットと共に多くのファンが酷評するアルバムだが、奇特なビーチ・ボーイズ・マニアである僕は(笑)結構嫌いではない。ブルース(・ジョンストン)&テリー(・メルチャー)色が濃いところとかね。

今回の新譜でブルース・ジョンストン色が薄い、とお嘆きの同志の方は、これも昨年国内盤がリリースされたドリス・デイ(テリー・メルチャーことテリー・デイのお母上。御年87歳!)の新譜を聴いて足りないブルース・ジョンストンを補いましょう。次回はそのドリス・デイの「My Heart」について。

スポンサーサイト

  • 2016.04.03 Sunday
  • -
  • 22:43
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
profile
豊満ランドオー profilephoto
all time favorite
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
sponsored links
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM