<< He's a SESSION MAN | main | 次回更新予定。 >>

スポンサーサイト

  • 2016.04.03 Sunday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


ニルソン「シュミルソン二世」

JUGEMテーマ:音楽



ハリー・ニルソンというアーティストも変わった人である。スリー・ドッグ・ナイトがヒットさせた「ワン」やブラッド・スウェット&ティアーズの「ウィザウト・ハー」、また我々ポップ・マニアの間では知らない者はいないフィル・スペクターがプロデュースしたモダン・フォーク・カルテット(MFQ)の名曲「ディス・クッド・ビー・ザ・ナイト」(我が国では山下達郎のカヴァーで有名)など、数多くの名曲を産んだ優れたソングライターでありながら、ニルソン自身の2大ヒット曲「ウィザウト・ユー」と「うわさの男」は実は他人が書いた曲なのである。

「ウィザウト・ユー」は最近ではマライア・キャリー嬢のカヴァーも有名なようだが、元々はアップル・レコードのビートルズの弟分バンド・バッドフィンガーの曲である。実は僕はバッドフィンガーというバンドには一方ならぬ思い入れがあって、学生の頃、当時廃盤で入手困難だった彼らの3rdアルバム「ストレイト・アップ」を中古盤屋で8,500円のプレミア価格で購入(当時は親から与えられた月3,000円の小遣いで生活していたからまさに収入の約3ヶ月分(笑))したほどである。そのバッドフィンガーについてはまたの機会に。

全米NO.1ヒットとなったその「ウィザウト・ユー」を含むアルバム「ニルソン・シュミルソン」(’71年)の勢いそのままにプロデューサーに再びリチャード・ペリーを迎えて制作されたのがこの「シュミルソン二世」(’72年)である。リチャード・ペリーというと一般的にはカーリー・サイモンやバーブラ・ストライザンド、アート・ガーファンクルやレオ・セイヤーといったMOR(というかAOR)のプロデューサーとして有名な人なのだが、元々はキャプテン・ビーフハート(!)やタイニー・ティム(!!)のプロデュースなんかをやっていた人で、そうした諧謔趣味的側面からニルソンは彼をプロデューサーとして迎え入れたのかもしれない。アルバム中に挿入されるセリフというか小芝居や、ドラキュラのようなおどろおどろしいジャケにニルソンの諧謔趣味の一端がうかがえる。ニルソンの名盤「空中バレー」(’68年)の紙ジャケリイシューのライナーノーツで鴨宮諒(初期ピチカートファイヴのメンバー)が「サーカスの楽団を思い起こさせるような音世界」と書いているけれど、非常にわかりやすい表現だと思う。ビートルズからの影響が色濃いニルソンだから「サージェント・ペパーズ」からの影響というのももちろんあろうが。

アルバム全体を貫くヴァン・ダイク・パークスの「ソング・サイクル」やハーパース・ビザールにも通じるノスタルジックな音楽性の中でも白眉と言うべきはその名も「REMEMBER(CHRISTMAS)」という曲。ニッキー・ホプキンスの奏でるピアノがあまりにも美しい。タイトルに「CHRISTMAS」とあるが全然クリスマス・ソングではない。

「遥か昔遥か彼方で/人生は明るかったはずだ/目を閉じて/思い出すんだ/遠い昔のあの場所を/思い出すんだ/知っていることを全部/思い出すんだ/悲しく落ち込んでいたときのことを/振り返るんだ/人生はただの記憶/思い出すんだ/目を閉じれば見える/思い出すんだ/人生のあらゆる可能性を/思い出すんだ/愛なんて夢の中にしか存在しない/思い出すんだ/物事は見かけによらない/夢だったんだ/遥か昔遥か彼方で/人生は明るかったはずだ/さあ、目を閉じるんだ」(拙訳:豊満ランドオー)

僕の今際の際にはこの曲を流してもらいたい(笑)。以前プロコル・ハルムの「青い影」やジミー・ウェッブの「マッカーサー・パーク」を訳詞した記事を書いたけど、そうした難解な歌詞とは違ってニルソンの書く詞はとてもシンプルで分かりやすいのに深みがある。「詩人」だなあ、と思う。ニルソンはランディ・ニューマンの曲ばかりをカヴァーした「Nilsson Sings Newman」というアルバムをリリースしているのだけれど、シンプルなピアノの弾き語りのこの曲なんかもランディ・ニューマンへのオマージュなのだろう。実は僕はランディ・ニューマンというアーティストにも一方ならぬ思い入れがあるのだけれど(笑)、それもまたの機会に。ニルソンの死後リリースされたトリビュート・アルバム「For The Love Of Harry」ではそのランディ・ニューマンがこの「REMEMBER」をカヴァーしているのが泣ける。また詞の内容からすると後にアルバム「プシー・キャッツ」で共演することになるジョン・レノンの「イマジン」へのアンサー・ソングのようにも思える。

「Turn On Your Radio」という曲の歌詞も実にユニークである。

「自分がどこへ行くのか分からないけど/僕は死んでしまったようだ/風が僕を運んでくれたらいいのに/ラジオをかけて僕の歌を聴いてくれ/常夜灯を点けておくれよ/僕は死んでしまったんだ/何が起こったのか分からないけど/僕は死んでしまった/その知らせは聞きたくないんだ/悪いのは僕だったのかもしれないから/レコードをかけて僕の歌を聴いてくれ/常夜灯を点けておくれよ/僕は死んでしまったんだ/人生がどうなるのかなんて分からないけど/いつかは消えゆくものなんだ/風が僕を運んでくれたらいいのに/ラジオをかけて僕の歌を聴いてくれ/常夜灯を点けておくれよ/僕は死んでしまったのだから」

まさしくニルソンの「遺言」のような曲である。もしくはニルソン版「千の風になって」か「帰って来たヨッパライ」か(笑)。

「You're Breakin' My Heart」はサビの部分で「FUCK YOU」と連呼する世にも珍しいポップ・ソングである(笑)。前述のトリビュート・アルバムでは元J.ガイルズ・バンドのピーター・ウルフがこの曲をカヴァーしていた。いかにも、ですね。

リイシュー盤ではボーナス・トラックにジミー・ウェッブの「カンポ・デ・エンチーノ」(ウェッブのアルバム「レターズ」に収録されているカンツォーネ風の佳曲)のカヴァーが収録されている。ライナーノーツに「ウェッブはニルソンのことを兄弟のようだった、と振り返っている」とある。ジミー・ウェッブやランディ・ニューマンは21世紀の今日でもいまだに現役で、しみじみと心に響くいいアルバムをリリースしてくれているのだけれど、ニルソンももし生きていたら同じように素晴らしいアルバムをリリースしていたのかもしれないと思うと、残念でならない。

スポンサーサイト

  • 2016.04.03 Sunday
  • -
  • 00:20
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
管理者の承認待ちコメントです。
  • -
  • 2018/03/29 1:07 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
profile
豊満ランドオー profilephoto
all time favorite
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
sponsored links
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM