<< 「スタイリスティックス登場」スタイリスティックス | main | 「ラプソディ・イン・ホワイト」ラヴ・アンリミテッド・オーケストラ(feat.バリー・ホワイト) >>

スポンサーサイト

  • 2016.04.03 Sunday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


僕の方こそありがとう

JUGEMテーマ:日記・一般


終わっちゃいましたね、オリンピック。いつものように前回の更新から随分と間が開いたうえに微妙に間抜けなタイミングの話題でもありますが(笑)。前にも書いた気がするけど、オリンピックにしても世界選手権にしても開催時期が夏なので、真夏の夜の打ち上げ花火のような、終わってしまったあとのこの切ない感じも含めて好きです。この切なさは「もう夏休みも終わりか。宿題やらなくちゃ」という子供の頃の記憶も思い起こさせたりしてね。

前回のアテネ五輪では、NHK大相撲中継でおなじみの我らが(笑)苅屋アナが「栄光への架け橋だ」の名実況で一躍ブレイクしたことで話題になった。これは説明するまでもなくNHKのオリンピックのテーマソングだったゆずの「栄光の架け橋」に引っ掛けたセリフだったのだが、今回のNHKのテーマソングは誰になるのだろう?と考えたときに、今の日本の音楽シーンでこのテの「応援歌枠」(笑)と言えば、と真っ先に思いついたのはコブクロだったのだけれど、見事に予想は外れました(笑)。コブクロでもいいと思うんだけど、コブクロは平成の「おふくろさん」とも言うべき(笑)「蕾」のヒットや、今や「乾杯」に替わる結婚式ソングの定番になってしまった「永遠にともに」のリバイバルヒットのおかげで応援歌というにはちょっと「濡れた」イメージが付いてしまったかもしれない。そこで本当のNHKのテーマソングに選ばれたミスチルというのは、そのテがあったか、というか、さもありなん、というか。前回のゆずや今回のフジテレビのオリンピック・テーマソングのレミオロメンと並んで応援歌を歌うべき「若さ」というか「青さ」にかけては、今の日本の音楽シーンで右に出る者などいないだろう。ミスチルはいい歳こいたオッサン(笑)である分、その「青さ」においてはゆずやレミオロメンに勝っていると言っても過言ではないだろう。故ナンシー関女史がミスチルの「青さ」について書いていたような気がするが、よく思い出せない。ちなみにゆずの最新シングル「Yesterday and Tomorrow」はミスチルの「Tomorrow Never Knows」への明らかなアンサーソングでしたね。

他のTV局各局の五輪テーマソングで言うと、テレ朝の福山雅治はまあ今の立ち位置としてはコブクロと同じなのでやや地味な印象。日テレの嵐、TBSのSMAPについては、仕方のないこととは言え少々遠慮いただきたいと思うのも事実。僕は前にも書いたけど歌謡曲が好きなので、ジャニーズも決して嫌いではないのだが、ジャニーズのタイアップはせいぜい女子の金メダリストにご褒美としてビストロSMAPに出演させてあげる、くらいで勘弁してほしい(笑)。

それからこれはもう完全に間抜けなタイミングの話題だが、我らが中日ドラゴンズの山本昌広投手、200勝達成おめでとうございます。個人的に20年前の優勝はあなたのおかげだと思っています。優勝争いをしていた秋口になって急遽アメリカから呼び戻され、あれよと言う間に5勝をあげて優勝に大きく貢献したあのピッチングを、今でも忘れることはありません。

先日久しぶりにアナログレコード・プレーヤーを買い換えた。世間ではボーナスが出たら買いたい家電製品の上位がブルーレイディスク・レコーダーだったり、プラズマテレビだったり、地デジ付きカーナビだったりするこのデジタル時代に、全く真逆の買い物をしております(笑)。普通に80年代以降の新しめの音楽を聴く人には無用の長物かもしれないけど、僕みたいに骨董品のような古いレコードを聴いている人間にとっては、使用頻度の高い大切な家電製品である。それは「CDよりアナログ盤の方が音に温かみがあっていい」みたいなオーディオ耳の抽象的な話ではなくて、僕が好んで聴くような古いレコードというのは、経年によりマスターテープの保存状態に問題がある場合が多いので、たとえCDで再発されてデジタルマスタリングを頑張ったとしてもがっかりするような音質の場合が多く、やはり当時のアナログ盤原盤の音には勝てない、ということである。

先月の地元のレコード・サミット(僕が学生だった頃は「レコード祭り」と言ってたんだけど、またカッコいい呼び名を見つけたものですね(笑))でも欲しかったアナログ盤が見つかったので早速購入。それがこちら↓。



プロコル・ハルムの2ndアルバム「Shine On Brightly」の日本盤。この日本盤とUS盤はジャケが現在CDで再発されているUK盤とは違うので欲しいと思っていたもの。ちなみにUK盤のジャケがこちら↓。



どちらも幻想的、というか見方によっては気味が悪い(笑)。こういうジャケを愛でる楽しみというのもアナログ盤ならでは、というのはありますね。ちなみに日本盤だったけど、ユーミンが書いていたというライナーノーツが付いてなかったのは少々残念。

次回こそ、前回約束したバリー・ホワイトのラヴ・アンリミテッド・オーケストラについて(笑)。

スポンサーサイト

  • 2016.04.03 Sunday
  • -
  • 18:56
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
profile
豊満ランドオー profilephoto
all time favorite
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
sponsored links
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM