<< たかが選手が。 | main | 下から続く〜その2〜。 >>

スポンサーサイト

  • 2016.04.03 Sunday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


下から続く。

初めて聴くミュージシャンの場合、最初は自分の趣味の中のどのカテゴリーに落とし込むべき音楽か戸惑う訳だが、そんな時に参加ミュージシャンというのはカテゴライズする為のいいキーワード(手がかり)になる。スキマスイッチで言えば山崎まさよし、鈴木英哉(Mr.チルドレン)という名前が見つかって、ああなるほどね、と思った。

アルバムのラストを飾る「奏(かなで)」は名曲である。僕はもう年をとってしまったけれど、今思春期にいる若い人達がこの曲を聴いているのなら、それはとても幸せなことだろうな、とうらやましく思った。少し著作権を侵害させて頂く(笑)。

「君が大人になってくその季節が/悲しい歌であふれないように

君が大人になってくその時間が/降り積もる間に僕も変わってく/たとえばそこにこんな歌があれば/ふたりはいつもどんな時もつながっていける

抑え切れない思いをこの声に乗せて/遠く君の街へ届けよう/たとえばそれがこんな歌だったら/ぼくらは何処にいたとしてもつながっていける」

我々には幾つもの届けられなかった思いがある。だからこそこの歌が心に響く。

エリオット・スミス:「Basement On The Hill」
彼の死後、僕はタワーレコーズに行く度に必ず「エリオット・スミス」のコーナーをチェックした。そしてその度に「まだ出てないのかよ」と悪態をついた(笑)。彼が急逝した時にレコーディングしていたというラストアルバム。ようやく届けられた「死者からの手紙」である。

100s:「Honeycom.ware」
中村一義の新バンド「100s」の2ndマキシシングル。1stシングル「A」が「まあこんなもんか」って感じだったので、「Honeycom」はあまりに素晴らしすぎて正直ビックリした(笑)。これなら年明けに発表される新アルバムが楽しみ。しかしこの中村といい、椎名林檎の東京事変といい、みんなバンドやりたい年頃なのか(笑)。話ついでだが、東京事変は例のサッカーアジアカップでの中国サポーターによる「君が代ブーイング事件」の時にシングルが発表されてたので、「また林檎らしくあざといな」と思ったが、バンド名は随分前に決まってたらしく。しかしタイミング良すぎ(悪すぎ?)

嵐:「5×5」
いえ、別に恥ずかしくないですよ。ええ。ジャニーズ、聴いてました(笑)。

以下続く。

スポンサーサイト

  • 2016.04.03 Sunday
  • -
  • 21:51
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
profile
豊満ランドオー profilephoto
all time favorite
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
sponsored links
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM