<< 悲しみで花が咲くものか | main | 下から続く。 >>

スポンサーサイト

  • 2016.04.03 Sunday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


土日競馬反省。

いつになく早い更新、ってことは・・・、もうバレバレですが(笑)。先週書いたが7月がダメダメだったんで、まあたまにはいいことあっても構わんでしょ。

函館2歳Sは今井師の「赤本」P191のうしろから14行目以降に書いてあることを読めば軸はモエレジーニアスで間違いない、って、これ2年前の函館2歳Sの時の日記と全く同じ文章だが(笑)(詳細2003年8月12日付日記参照)。だから競馬は同じことの繰り返しなんだってば。

ポイントは2着のラッシュライフ。今開催の函館芝1200でバクシンオーが来まくってたのは誰でも知ってただろうが、前日の芝1200にもヒントがあった。2Rで9番人気で穴を開けたユキノチャンプは母父がダンチヒ系アジュディケーティング。11Rで6番人気で2着に突っ込んだオトハチャンも同じダンチヒ系チーフベアハート産駒。となるとラッシュライフの母父デインヒルというのがかなりあやしい。血統で馬券を買うならどんなかすかな「警報」も聞き漏らさぬことが肝要。ちなみに母父にダンチヒを持つもう1頭のアイアムエンジェルも10番人気で4着に激走したのだから、この血統が向いていたのは明らかだろう。

先週「幾つか激しい警報が鳴った」と書いたが、その一つは土曜函館最終R芝1800で11番人気で2着に突っ込んだショートロ−ブス。ただでさえリファール系がよく走るコースではあるのだが、これはあまりに分かりやすい「警報」だった。となると日曜函館10R芝1800。リファール系はセイントリープレア(9番人気)ただ1頭のみ。相手のユキノアメージングが更に人気薄(11番人気)で難しそうだが、距離短縮ショッカーだし、ホリスキー産駒だから。押さえ損ねた人は今一度「ウマゲノム版種牡馬辞典」のホリスキーの項を読み返すべき。それに何と言っても母父ね。僕が予想に使った「競馬ブック」のユキノの母父にはしっかり赤マルが打ってあるよ(笑)。ただ僕はもう1頭だけ血統に赤丸付けてたんですよ。ソリッドスライダーの父バブルガムフェローに。そしたらこの馬も7番人気で3着に突っ込んだ。3連単の300万馬券獲れたなんて都合のいいことは言わんが(笑)、せめて3連複の33万馬券は、先週の血統警報に気付いていれば獲れた訳である。僕は実際には馬連の「たった」81,980円の馬券しか持ってませんでしたが(笑)。

スポンサーサイト

  • 2016.04.03 Sunday
  • -
  • 14:54
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
profile
豊満ランドオー profilephoto
all time favorite
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
sponsored links
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM