スポンサーサイト

  • 2016.04.03 Sunday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


「SUPER VIEW」キリンジ

 
1曲目の「早春」。この曲がこのアルバムの全てだと言い切ってしまおう。来春にリリースされる予定の次作を最後に弟のヤスの脱退が決定しているキリンジの、スタジオ9枚目となる最新作「SUPER VIEW」はあまりにも感動的な曲で幕を開ける。

前にも書いたけれど僕はいわゆる情報弱者なので(笑)、「どうやら今回のアルバムには久しぶりに冨田恵一が1曲だけアレンジで参加しているらしい」という事前情報のみで聴き始めたのだけれど、もう1曲目からこれでしょう、っていう。クレジット確認するまでもなく分かります(笑)。冨田ラボ流ウォール・オブ・サウンド。いかにも冨田らしい分厚い音の壁が押し寄せる。

これも前に書いたと思うけど、僕にとってのキリンジはメジャー・デビュー作となる1st「ペイパー・ドライヴァーズ・ミュージック」の衝撃が全てで、「(トミー・)リピューマ・マジック」ならぬ「冨田マジック」によって『treatment』されたこの魔法の1stアルバムからキリンジが冨田と『袂を分かつ』までの5th「For Beautiful Human Life」までが愛聴盤であった。6th「DODECAGON」以降のアルバムが、自分にとっては残念ながら愛聴盤とまではならなかったのは、単純な好みの問題であって、冨田恵一の不在やピコピコした音楽性(エレクトロニカのような音楽は決して嫌いではないのだがキリンジの音楽性にはそぐわないように感じる)のせいだけではないと思っていた。また「DODECAGON」以降のアルバムには「恋の祭典」、「エイリアンズ」、「Drifter」のようないわゆる「キラー・チューン」がないんだよな(1st「PDM」は全曲がキラー・チューンです(笑))、と思っていたのだけれど、この最新作ではいきなり頭からキラー・チューン炸裂。つかみはOK、しかし後は尻すぼみなのか、というとそんなことはまるでなくて、2曲目「TREKKING SONG」も冨田は関わらずともしっかりキリンジ流ウォール・オブ・サウンドを聴かせてくれる。前作「BUOYANCY」の「夏の光」での試みを完成させたと言ってもいい佳曲。そしていかにも弟らしいC&W風の3曲目「荊にくちづけを」でホッとさせる。この辺りの流れも素晴らしい。兄・高樹がヴォーカリストとしての新境地を聴かせる70年代『スウィートソウル』風の5曲目「いつも可愛い」、ギルバート・オサリヴァンの「アローン・アゲイン」を思い起こさせる弟・ヤスの6曲目「今日の歌」。震災、原発をテーマにした7曲目「祈れ呪うな」で歌われるメッセージについては、聴き手が個人としてそれぞれに考えればいいのだと思います。素朴なティン・ホィッスルの音色が郷愁をさそう8曲目「バターのように」は和風ケルトとでも言うべきか。

僕はもうキリンジというバンドのあまりいい聴き手ではないのかもしれないけれど、こうしてふたたび素晴らしい作品を届けてくれたことが何より嬉しい。確かに弟の脱退は残念な知らせではあるのだけれど、個人的にはもうそろそろ名盤「Home Ground」以来となる久しぶりの兄・高樹のソロ作を聴きたいと思ってもいたので、何とも複雑な心境ではある。何はともあれ「兄弟」の縁は切っても切れない訳だし(笑)、今後の2人の活動を暖かく見守っていきたいと思うのです。



「プレス・オン」デイヴィッド・T・ウォーカー

JUGEMテーマ:音楽




ニック・デ・カロの「イタリアン・グラフィティ」を改めて聴き直してみて一番印象に残ったのは、冒頭の「ジャマイカの月の下で」で聴かれるデイヴィッド・T・ウォーカーの流麗なギター・プレイだった。キリンジの堀込高樹が最も好きなギタリストの一人に挙げているそうだが、そのヴェルヴェットのような耳溶けのギターの音色は一度耳にすると病みつきになる。

この「プレス・オン」はデイヴィッド・Tが73年にOdeレーベルよりリリースしたアルバム。「黒いジェフ・ベック」(笑)とはよく言ったもので、スティーヴィー・ワンダーの「迷信」やビートルズの「ウィズ・ア・リトル・ヘルプ・フロム・マイ・フレンズ」といったポップ・ソングからソウルやR&Bのスタンダードのカヴァーまで、デイヴィッド・Tのメロウでスウィートなギター・プレイを存分に堪能できる。デイヴィッド・Tのプレイとして有名なのはおそらくマーヴィン・ゲイやジャクソン5などモータウンを始めとするソウル系のアーティストの楽曲でのプレイなのだろうが、やはりクルセイダーズのアルバムでの客演のような、ジャズ/フュージョン寄りのプレイの方がしっくり来る気はする。

そこで思うのはトミー・リピューマのプロデュースでこの人のリーダー・アルバムを作ってもらいたかったなあ、ということ。もちろんクラウス・オガーマンかニック・デ・カロのストリングス・アレンジで、と想像しただけでめまいがする(笑)。このデイヴィッド・T同様に明らかにウェス・モンゴメリの影響下にあるギタリストであるジョージ・ベンソンが、後に「リピューマ・マジック」とも言うべきアルバム「ブリージン」で大ブレイクしたことを考えると、なおさら惜しいと思える。客演していたクルセイダーズはリピューマのレーベル、ブルー・サムに所属していた訳だし、接点はあったはずなのだが。

で、このアルバム「プレス・オン」に収録されているデルフォニックス(フィリー・ソウルのコーラス・グループ)のカヴァー「Didn't I Blow Your Mind」が実に素晴らしい。次回のブログはそのデルフォニックスについて。

アタタカイ雨

JUGEMテーマ:音楽




平井堅の新曲「キャンバス」がTVから流れてきて、イントロを聴いた瞬間にもう「ああ、これは冨田恵一の仕事だな」と思ったのだけれど、調べてみると案の定その通りだった。以前ブログで同じく平井堅の「Ring」や中島美嘉の「STARS」「WILL」はいい曲である、と書いたけれど→これこれ、これらの曲はみな冨田恵一によるプロデュースである。冨田のプロデュース曲で最も有名な曲はおそらくMISIAの「Everything」なのだろうが、僕にとっての冨田恵一という人は、何と言ってもキリンジの一連のアルバムのプロデューサー、ということになる。

このアルバム「Shiplaunching」は冨田のセルフ・プロジェクト「冨田ラボ」の2ndアルバム。白眉とも言うべきは4曲目の「アタタカイ雨」。「12月の雨」ではなくて「アタタカイ雨」なんだな、っていう。

以前ブログでジョン・サイモンについて書いた時に、プロデューサーズ・アルバムはそのヴォーカルの拙さがいい、と書いたのだけれど、アルバムの最後の曲で聴かれる冨田のヴォーカルもいかにもプロデューサーらしい拙さが味わい深くて悪くない。

冨田恵一という人は、日本のトミー・リピューマかはたまたニック・デ・カロか。なんてことをふと思って、「あるアルバム」を聴いたらこれがあまりに素晴らしくて、そこからいろいろと関連する音楽を久々に旺盛に聴いている今日この頃。ということで、長らく開店休業にも程がある(笑)、っていうくらいサボっていたブログを復活した次第。その「あるアルバム」についてはまた次回のブログで。

鈴木亜美 joins キリンジ「それもきっとしあわせ」

最近ではCDの購入はもっぱらウェブのオンラインショップ(タワーレコーズやHMV、アマゾンなど)が中心なのだけど、先日久しぶりにパルコのタワーレコーズへ買い物に出かけた。エスカレーターを上ったところでふと立て看板に目をやると「中古レコード市開催中」とある。なつかしいなあ。日本全国の中古レコードショップが一同に会するレコード祭り。学生時代にはよく朝一から並んではお目当ての希少盤探しにいそしんだものだ。で、久しぶりにエサ箱(アナログ盤を入れてあるダンボール箱を指すレコード・コレクターの間でのスラング(笑))漁りに参加した。大量のアナログ盤を長時間めくっていくので指先の爪が痛くなるこの感覚もなつかしい(笑)。主な収穫は以下のとおり。

ロイ・ウッド・ウィゾ・バンド「スーパーアクテイヴ・ウィゾ」 盤質M− 税込¥1,800也


60年代のサイケデリック・ロック・バンド「ザ・ムーヴ」のメンバーであり、ジェフ・リンとともにELOを結成した奇才ロイ・ウッドが70年代後半にやっていたクロスオーバーのバンド「ウィゾ・バンド」が残した1枚限りのオリジナル・アルバム。学生時代に4,800円のプレミア価格で購入した(なけなしのこづかい銭はたいて買ったものなのでほとんど覚えてる(笑))のだけど、途中若干キズによる音飛びがある盤だったので今回買いなおし。盤質もまずまず良好。今の時代に中古のアナログ盤が1,800円というのは結構な値段なのかもしれないが、20年近く前に3,000円高い価格で購入した人間としてはインフレーションも考慮に入れれば破格の安値と思える(笑)。ちなみにロイ・ウッドという人も最近では再評価に伴うリイシューが活発なのだが、この「ウィゾ・バンド」だけは未CD化。その意味でもいい買い物ができたと思う。内容はフュージョン、プログレ寄りのクロスオーバー・ミュージックで、3分間のポップソング好きだった学生当時の僕には「ヘンな音楽」(笑)に聴こえた。以前書いたプログレ好きの友人がこのアルバムにいたく感動して「おまえ本当にこのアルバムの良さを分かっているのか?」と説教されたことを覚えている(笑)。プログレ耳を身につけた今の僕にはむしろ物足りないくらいに聴こえるのだが(笑)いいアルバムである。それまでビートルズ直系のポップスやグラム・ロックをやっていたロイ・ウッドが何故に唐突にこういう音楽をやったのか?というと、当時のガールフレンドであったアニー・ハズラム(ルネッサンス)の影響だろう。ロイ・ウッドが全面プロデュースしたアニー・ハズラムのソロ作「不思議の国のアニー」は名盤。

キャメル「雨のシルエット」盤質Ex++ 税込¥688也


今も未履修科目プログレ補講に励んでいるのだが、今のところ自分の好みに一番しっくりくるなあ、と思えるのがキャメル。なかでも特に好きなのが6th「Rain Dances」からライヴ盤をはさんで8th「Breathless」、9th「I Can See Your House From Here」、10th「Nude」までの第2期キャメル。たぶんプログレ・ファンには5th「Moonmadness」までの初期キャメルの方が評価が高いのだろうけど、何度も言うように僕は根がポップソング好きの人間なので(笑)この時期のキャメルの方が好ましい。この「Rain Dances」はリイシューCDをお持ちの方はご存知だろうがデジタル・マスタリングがダメダメなせいで音が悪いのが残念だった。それだけに今回アナログ盤にめぐり会えたのは嬉しい限り。しかも日本盤(邦題は「雨のシルエット」だったんですね)で、さすがに帯はないが歌詞・解説(含アンディ・ラティマーのインタビュー)と各曲の詳細なクレジット付き。これもCDは無愛想なライナーノーツのみだったので嬉しい。これがたったの税込688円だからありがたい。



さて、そもそもタワーレコーズに何を買いに行ったのかというとこの「鈴木亜美 joins キリンジ」の「それもきっとしあわせ」を買うためである。いい曲である。カミングアウトするが(笑)久しぶりに音楽を聴いて泣いてしまった。一聴してかつて小沢健二がプロデュースした渡辺満里奈の名盤「HAPPY BIRTHDAY ep」(フリッパーズ・ギターを解散したオザケンがソロシンガーとしてブレイクする以前の作品)を思い出したのだが、これはたぶん鈴木亜美の声質が渡辺満里奈のそれに似ているからかもしれない。あとは昔、尾崎亜美や竹内まりやが女性アイドル歌手に提供していた楽曲にも似た響きがある。初めてラジオで聴いたときから「ああ、これはたぶん弟の泰行の方の曲だろうな」と思ったのだが、クレジットを確認したら案の定そのとおりだった。キリンジ・ファンの誤解を恐れずに言うならば、キリンジという兄弟ユニットは「兄・堀込高樹がサウンド・プロダクションの主導権を握って優れたヴォーカリストである弟・泰行に歌わせているバンド」だと思う。ところがいざアルバムのベストトラックと訊かれると、例えば3rd「3」では「エイリアンズ」だし、4th「Fine」なら「フェイバリット」、6th「DODECAGON」なら「鼻紙」と、全部弟・泰行の書いた曲なのである。どこの家族でも弟はいつもおいしいとこ持っていくよなあ(笑)。何度か聴いた後に歌詞カードを見ながら聴いていたらまた泣けてきた(笑)。

「歌いたい歌がある/私には伝えたい思いがある/そのためになら/そのためになら/不幸になってもかまわない」

かつて鈴木亜美という1人の女の子が、まさにシンデレラのように一躍スターダムへの階段を駆け上って、その後に受けた冷たい仕打ち(芸能事務所の移籍問題をめぐって一時芸能界から「干された」)のことに思いを馳せると、やはりこの歌詞は胸に響く。もちろん鈴木亜美が歌うことをあらかじめ念頭に置いて書かれた歌詞であろう。歌詞を書いているのは兄・高樹である。どこの家族でも兄は締めるところは締める(笑)。

キリンジについての関連過去ログ1

キリンジについての関連過去ログ2

キリンジについての関連過去ログ3

ゆうこりん。

先週の競馬については、M使いであれば似たようなローテでヘヴンリーロマンスは飛んだがハットトリックは来たことについてよく考えるべきだろう。容易に思いつくことは、グローバルリズム的に生涯の重賞出走回数とか牡牝の差とか前走と前々走の間隔の違いとかコース替わりの差(阪神→京都と京都→東京)とか前走がG2かG3かとかだが、もっといろいろありそうで。考えさせられる。

最近良かったシングル:

小倉優子「オンナのコ・オトコのコ」
小倉優子はカワイイとは思うが、特に興味がある訳ではない。「天然ボケ」というキャラクターイメージにそぐわないので、大学に通っているという事実を事務所がおおっぴらにしていない、というエピソ−ドはちょっとオモロイと思うが。

ピチカートファイヴと言えば、キリンジがカヴァーした「陽の当たる大通り」は素晴らしかった。キリンジの曲の中でも五指に入る出来映えである。

ピチカートファイヴの小西康陽の作った曲で最も有名な曲は「慎吾ママのおはロック」な訳だが、先日の日記にも書いたように、「マツケンサンバ2」も小西の仕事でなければあれほどの大ヒットにはならなかったと思う。そしてこの小倉優子の「オンナのコ・オトコのコ」も、小西グッジョブ、という訳である。

とにかくこのシングルを聞いていると頭の中でこんがらかった糸がほぐれていくのがよく分かる。カップリング曲「恋の呪文はパパピプパ」の歌詞を少し引用させて頂く。

「あいのコトバはパパピプペポパポ/パペプペピパポ/パパピプペパペポ/パペプペピパポ/パパピプパ」

しかしこんなのでも著作権侵害になるのかな(笑)。

「オトコのコ・オンナのコ」はもう名曲。先日書いた100sの「OZ」が早くも今年のベストアルバム決定、というのと全く同じ意味において「オトコのコ・オンナのコ」は今年のベストシングル決定。でも実はこの曲、去年の11月リリースなんだね(笑)。

「そうこの世でいちばん大切なコトは/やっぱりタイミング/だと思うべな/思うべな/思うべな/ぽんぽこりん」

ぽんぽこりん。ゆうこりん。

下から続く。

あと何よりいいのは歌詞。アルバム中のベストトラックと言える「セイコウトウテイ」。何ゆえカタカナ?と思っているとラストの詞が、

「いつかは/セイコウ/トウテイ/無理だと分かったとしても」

その言葉遊びのレトリックに目眩がした。

あとはキリンジ、グレイプバイン、くるり、コステロ、ハイ・ラマズ、など、まああいも変わらず、ですが。この辺の感想はまたの機会に。今日はとにかく「スネオヘアーにハマった」ということが書きたかったんで。

キリンジの新作「Fine」を「聴くな」(笑)。

溶けた。もう何も言葉は要らん。キリンジの新アルバム「Fine」は傑作である。普通、良い音楽に触れるとみんなに聴かせたくなるのだが、キリンジだけはもったいなくて他の誰にも聴かせたくない。こういう音楽は一人で胸の中に抱き締めておきたい。

キリンジの1stアルバム「ペイパードライヴァーズミュージック」は何というか「魔法」のようなアルバムだった。そして僕はいまだにその「魔法」から解けないでいる。あれから4年、またしても届けられた新たなる「魔法」。

しかし今年2001年はエルヴィス・コステロに始まってウィーザー、E.L.O.、プリファブ・スプラウト、ニュー・オーダー、ゾンビーズ、グレイプヴァイン、竹内まりや、コーネリアス、ベン・フォールズと僕の大好きな寡作のアーティストがこぞって新作を届けてくれた。そう言えばアッシュもオーシャン・カラー・シーンも今年だったんだよな。その後にリリースされたアーティストたちが凄すぎて随分昔のことのようにさえ思える。そんなリリース・ラッシュで恍惚状態だった僕にトドメを刺すかのようなキリンジの新作。まさか今年も終わろうというこの時期になってこんな「福音」が届けられるとは。

音楽つながり話だがラヴ・サイケデリコの新曲はまたベタな感じでよい。僕は去年このバンドの情報を何も知らない状態で初めて聴いた時、「桑田佳祐が20年以上も前に始めた「英語日本語ロック」もついにここまで来たか」と思ったんだけど、まさかホントに青山学院大軽音部で桑田の後輩にあたるとは知らなかった。でもこのラヴ・サイケデリコ好きな人たちがショッキング・ブルーを聴いたら「これラヴサイのパクりじゃん」とか思うのかな。そう考えると大滝詠一の1st聴いて「キリンジじゃん」とか、はっぴいえんど聴いて「くるり?」とか、昔のスティーヴィー・ワンダー聴いて「ジャミロクワイ?」とか。キリないね。

キリンジの「ドライヴァーズ・ミュージック」。

先週末、金沢に出かけた時には車中でいろんな音楽を聴いた。

まずウィーザー。リヴァース・クオモは僕のヒーローである。ウィーザーを聴きながら北陸自動車道を飛ばしているとドライヴァーズ・ハイになって、知らないうちに140km/hくらいで走ってたりして恐い。

そしてしつこいようだが民生ちゃんの新曲。マキシ・シングルのタイトル曲は中期ビートルズ風バラードだが、2曲目がドライヴ感溢れるパワーポップで爽快だ。この曲を聴くと「愛のために」を超えるパワーポップの名曲が生まれるのももうすぐではないかと思える。3曲目「オーナーは最高」は巨人軍のオーナー・ナベツネを露骨に皮肉った歌詞で、アンチ巨人の僕にとっては痛快極まりない。

そしてキリンジ。約1500枚のLP・CDを所有する変態レコードおたくの僕は、キリンジを初めて聴いた時「あ、「知ってる」ヤツの音楽だな」と直感した。ファースト・アルバム「ペイパードライヴァーズミュージック」は、ニック・デ・カロ、スティーリー・ダン、ローラ・ニーロ、ビーチ・ボーイズ、大滝詠一など過去のポップスへの憧憬に溢れたアルバムだった。けれど聴き進むにつれて僕は、そんな過去のポップスからの引用などどうでもよくて「キリンジ・ミュージック」とも言うべきキリンジ・オリジナルな音世界の虜になってしまった。

先月発売されたニューマキシシングル「ドリフター」にしたって、タイトルからしてロジャー・ニコルズ&ザ・スモール・サークル・オブ・フレンズを思い起こさせるし、2曲目の「太陽とヴィーナス」なんかブラスとキーボードのアレンジがもろドナルド・フェイゲンの「I・G・Y」である。そんな風にポップスおたくの心をくすぐる「仕掛け」が随所に用意されてはいるが、中身はやはりいつもの脳味噌がとろけるようなメロウなキリンジ。最高である。ニュー・アルバムが待ち遠しい。

profile
豊満ランドオー profilephoto
all time favorite
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
sponsored links
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM