スポンサーサイト

  • 2016.04.03 Sunday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


Let's Change The World With Music/Prefab Sprout

 
僕が所有する2台のipod classic(1台目がいっぱいになったので2台目を購入。1台あたりの容量が160GBなので×2でトータル320GB。ちょっとしたDVDレコーダー並(笑))には、購入したCDを片っ端から取り込んでいるので、今では実に2万曲を超える楽曲が収録されているのだけれど、ある時ふと気になって再生回数のランキングを見てみた。以前は他愛もないポップソングばかり聴いていたけど最近ではプログレも熱心に聴くようになり、ジャズやフュージョン、クラシックにまで趣味を広げている(というか雑食になっている(笑))自分の最もよく聴いているアルバムは果たして何なのか?結果ダントツの1位だったのがプリファブ・スプラウトの「Let's Change The World With Music」だった。それはちょっと意外な結果でもあったけれど、これが自分の現実でもある。

「歌は世につれ、世は歌につれない」と言ったのはかの山下達郎だが、今から4年前にリリースされたこのアルバムのタイトルに「Let's Change The World With Music」と名付けたプリファブ・スプラウトのパディ・マカルーンはきっと大真面目だ。確信犯である。いや、愛について歌うとき、パディ・マカルーンという人はいつだって大真面目だったのだ。

例えばポール・マッカートニーが「誰もが馬鹿げたラヴソングにはうんざりしているようだ。でも馬鹿げたラヴソングで世界を埋め尽くそうとする人もいる。それのどこが悪い。何度でも歌うよ。アイ・ラブ・ユー」と「馬鹿げたラヴソング」を歌うとき、彼はきっと故意犯である。百歩譲っても「未必の」故意犯だろう。

しかしパディが「世界は恋をする人々を愛している。それを忘れちゃいけない。何を犠牲にしても愛を優先すべきだ」と歌うとき、「愛は生まれては消えてゆくものだけれど、愛は全てに優る」と歌うとき、彼は大真面目だ。

熱心なファンの間では知られた話だが、実はこのアルバムは90年にリリースされた名盤「ヨルダン:ザ・カムバック」の後に制作されながらお蔵入りになっていたいわゆる「幻の」アルバムである。アルバムにはいつも饒舌なパディ(饒舌と言う意味ではほぼ同世代のUKミュージシャンである「カプチーノ・キッド」ことポール・ウェラーにも似ている)自身によるライナーノーツが寄せられている。ビーチ・ボーイズの同じく「幻の」アルバム「スマイル」を引き合いに出して、このアルバムがなぜ当時リリースされなかったのか、そして今なぜ日の目を見ることになったのか、についての、良く言えば「釈明」、悪く言えば「言い訳」が長々と綴られている。これはおそらくリリースされた後に出てくるであろう、お世辞にも丹念に造り込まれたとは言い難い打ち込み主体のサウンド・プロダクションに対する非難への牽制の意味もあったのだろう。

そんな風に、このアルバムに失望したり、「あの時トーマス・ドルビーのプロデュースでリリースされていれば」と悔やんだりしたファンは実際に多いのだろう。当のパディ本人が後悔し、懺悔しているくらいなのだから。むしろこのアルバムに対する不満というのは、プリファブ・スプラウトを愛すればこそ、ということなのかもしれない。しかし僕はそのチープな音に目をつむってでも、このアルバムを何度も繰り返しipodで再生した。ここに収められた楽曲の、そのあまりの素晴らしさに抗うことができなかった。ある意味ファン失格なのかもしれない。

オリジナル・アルバムとしてはこのアルバムの前作にあたる「The Gunman And Other Stories」(01年)は、同じように熱心なプリファブのファンの間では存在感の希薄なアルバムかもしれない。プロデュースにはトニー・ヴィスコンティ(代表的なのはT.レックス、デヴィッド・ボウイ。特に今年久々に新作をリリースしてファンを驚かせたボウイ2000年以降の復活劇には彼の存在が大きい)があたっていて、デヴィッド・ボウイの近年の作品と同じような丁寧な仕事をしている。アルバムの内容自体はそのタイトルとジャケ写から受ける印象ほどアメリカーナという訳でもない。すなわちこのアルバムはエルトン・ジョンにとっての「Tumbleweed Connection」でもなければエルヴィス・コステロにとっての「Almost Blue」でもない。聴こえてくるのはいつものパディ・マカルーン節である。

「時に愛はとても残酷なことをするかもしれない/君の天使の翼を傷つけるかもしれない/でもエンジェル、愛はきっといつか君に素敵な恋人を見つけてきてくれるよ」(「Love Will Find Someone For You」)

愛についての確信犯パディは性懲りもなくこう歌う。いやいつだって彼は愛についての歌しか歌ってこなかったのかもしれない。彼が愛について歌わなかったとき、それはただの言葉遊びだ。プリファブの初期の名曲「Cruel」をライヴでカヴァーしてたというエルヴィス・コステロはその歌詞に登場する「tuppentup」という言葉の意味についてパディに直接訊いたそうだが、もちろん意味なんてないのだろう。例えば「The King Of Rock'n Roll」の「Hot Dog , Jumping Frog , Albuquerque」(ホットドッグ、跳ねるカエル、アルバカーキ)なんかも意味なんて考えてはいけない言葉遊びの典型だが、これなんかは卑近な言い方をすれば「アルバカーキって言いたいだけやん」ということになる(笑)。あるいは「Electric Guitars」の「Mascara Meltdown Hysteria-a-go-go」(メルトダウンするマスカラ、ヒステリアゴーゴー)とか、「Jesse James Bolero」の「Don't goodbye deserve some Bach not barbershop?」(この詞の訳はみなさんも一緒にお考え下さい(笑)。「さよならは理髪店よりもバッハにこそふさわしいだろう?」?) なんていうのも意味不明で面白い。発語の快感を伴う意味のない言葉を舌の上で転がしているだけ、という印象さえ受ける(それはMascaraのMとMeltdownのM(あるいはBachのBとBarbershopのB)の頭韻なんだよ、という堅苦しいツッコミは無粋ってことで)。実際パディ自身が「Paris Smith」という曲の中でこんな風に白状している。

「But I tried to be the Fred Astaire of words」
(僕は「言葉のフレッド・アステア」になろうとしていた)

こういった言葉遊びのセンスなんかは確かによく引き合いに出して語られるスティーリ−・ダンのドナルド・フェイゲンやジミー・ウェッブ(歌詞に人名や地名などの固有名詞を多用する)に近いものがあるのかもしれない。まあ前にも書いたけど、そもそもプリファブ・スプラウトなんてバンド名自体が意味のない言葉遊びなんだけれど。

そのプリファブ・スプラウトの新作「Crimson/Red」がもうすぐリリースされる。今回の作品も過去に制作されたもののお蔵入りになっていたもの、ということでリリースの経緯は前作「Let's Change The World With Music」や89年の「Protest Songs」と同じである。いかなる形であれ、かねてより体調不良の伝えられるパディの新作がリリースされるということがとにかく嬉しい。パディの師匠とも言うべきジミー・ウェッブは先日一足先に素晴らしい新作をリリースしてくれた(ブライアン・ウィルソンをゲストに迎えた「マッカーサー・パーク」の再録というのがうまく想像できなかったのだけれど、まさかあんな風になっているとは。いい意味で予想を裏切られました)。このプリファブの新作が、僕の所有するipodの再生回数記録を塗り替える日が来るのも近い。

プリファブ・スプラウト「スティーヴ・マックイーン(レガシィ・エディション)」



東北楽天イーグルスの山崎武司が5月度の月間MVPを受賞。山崎が元中日ドラゴンズの選手である、というだけでなく、山崎武司という選手には一方ならぬ思い入れがあるので嬉しい。山崎は僕が中1の時に同じ中学の3年生だった訳だからもう今年39歳になるいい歳こいたオッサンである。ここに来ての「狂い咲き」には感慨深いものがある。詳細はこちら↓

山崎武司についての過去記事

今日は貴重な休日なので、夜はそろそろおいしい季節になっってきた枝豆をつまみながら晩酌がてらプロ野球中継を楽しむ。日頃は帰宅時間がだいたい夜10時以降になるので、たまの休日に大好きなプロ野球中継をリアルタイムで見られる幸せを満喫する。森野はちょっと疲れてるな。4、5月と我々ドラゴンズ・ファンが楽しめたのは森野のおかげなので、今の彼を責めることはできない。交流戦好調の中村紀や李の打順を繰り上げて、今の森野にはもう少しストレスのない打順で自由に打たせてあげたい。

サッカーの日本代表VSコロンビア戦もザッピングしながら見た。サッカーというスポーツは大変面白いスポーツだと思うのだが、プロ野球と比べると僕のようなオッサンにはイマイチ馴染まない。だいたい僕はプロ野球というスポーツを酒の肴に見ているようなものなので(笑)、ハーフ45分間目が離せないサッカーは残念ながら酒の肴になりにくい。野球みたいに「スリーアウトチェンジか。さて今のうちにさっき飲んだビールを出しに行くか」という訳にいかないのだから(笑)。

こんな風にフツーのブログ風に一ヶ月もサボってたブログを再開してみましたが。今思えば以前「さるさる日記」で書いてたときはこんな内容ばっかだった。時々そこに競馬の話を織り込んで。ただJUGEMで書くようになってからは、何となく「音楽ブログ」風になってきたのであまりこういう話題を書き辛くなってきた、というのがある。まあ、競馬については最近馬券の調子がすぐれない、という別の理由もあるんですが(笑)。それと競馬については長年競馬をやってきて、最近ようやく「競馬で勝つための最良の方策は、なるべく馬券を買わないことである」という実に悲しい必勝法を発見してしまった、ということもある(笑)。

プリファブ・スプラウトのパディ・マカルーンが4年前にひっそりとリリースした初のソロ名義でのアルバム「I Trawl The MEGAHERTZ」は、実に感動的で素晴らしいアルバムだった。ほぼ全曲インストゥルメンタルという内容のアルバムだったのだが、パディのバート・バカラック、ジム・ウェッブ趣味を考えれば、いつかはこういうアルバムを作るだろうな、と思っていたアルバムだった。しかし裏ジャケットの昔とは変わり果てた姿のパディのポートレイトとライナーノーツでの病気(網膜剥離による失明の危機)の告白は、素直には喜べないものでもあった。

そして今年届けられた、パディの久々の「肉声」。85年にリリースされた名盤「スティーブ・マックイーン」のリマスターと、パディによるアルバム曲のアコースティック・ヴァージョン新録からなる2枚組「レガシイ・エディション」。確か当時のプリファブ・スプラウトはスティーリー・ダンあたりを引き合いに出して語られることもあったと記憶するが、言われて見れば1曲目の「Faron Young」なんかはダンの「菩薩」に聴こえなくもない。その難解な歌詞にもダンとの共通点は見出せる。

「君は朝の4時に僕にファロン・ヤング(※)を聴かせる/朝の4時にファロン・ヤングなんて勘弁してくれよ」
(※ファロン・ヤング=実在するアメリカのC&Wシンガー)

そもそも「Prefab Sprout」なんてバンド名からして意味不明。「sprout」というのは最近健康に良い食材として注目されている野菜の「新芽」という意味だが、「prefab」とは英語表記するから分かりにくいが、カタカナで書くところの「プレハブ(=組み立て式)の」という意味である。「プレハブの芽」。全くもって意味不明(笑)。

彼らの3rdアルバム「ラングレー・パークからの挨拶状」の収録曲「Cars&Girls」にはこんな面白い歌詞が登場する。

「ブルース・スプリングスティーンっぽく言うなら「人生はハイウェイだ」ということになるのだろうが/世の中の多くの道は僕の行く道を迂回している/というよりそもそも僕へ続く道など始まってさえいないようだ」

アルバム・タイトルの「ラングレー・パークからの挨拶状」という邦題は言うまでもなくB・スプリングスティーンのアルバム「アズベリー・パークからの挨拶状」をもじったものである。当時この曲はB・スプリングスティーンを揶揄した曲と評されたが、どちらかというとB・スプリングスティーンに象徴されるアメリカ的なものに対するイギリスの若者独特の、嫉妬の入り混じった憧憬のまなざしが感じ取れる。そういう人間になれない自虐というか。2ndアルバムのタイトルが「スティーブ・マックイーン」というのも、またしかり。

しかし個人的にはプリファブ・スプラウトと言えば、何と言っても5th「ヨルダン:ザ・カムバック」にトドメを刺す。忘れもしない17年前(!)このアルバムがリリースされた大学2年の頃、僕はいつもこのアルバムとフリッパーズ・ギターの「カメラ・トーク」とアズテック・カメラの「High Land ,Hard Rain」の3枚をローテーションで聴いてばかりいた。もうこの3枚以外のアルバムは必要ない、というくらいに。フリッパーズとアズカメは言うまでもなくつながっているが、プリファブは特に関連性もなく聴いていたつもりだった。フリッパーズの2人がプリファブの熱狂的なファンであることを知ったのはつい最近になってからのことだ。

最近のパディの病状についてはよく分からないのだが、かつてのようなバンド形態での音楽活動は難しいとしても、こういった形で過去の作品を再録できるのであれば、是非第2弾として「ヨルダン:ザ・カムバック」のレガシィ・エディションも聴いてみたい。前にも書いたがエルヴィス・コステロとバート・バカラックのコラボ・アルバム「Painted From Memory」は奇跡の名盤だったが、欲を言えばいつかパディとB・バカラックとの夢の共演盤を聴いてみたい。

プリファブ・スプラウト関連過去記事1

プリファブ・スプラウト関連過去記事2

プリファブ・スプラウト関連過去記事3

profile
豊満ランドオー profilephoto
all time favorite
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
sponsored links
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM